部位

こだわり

エリア選択

指定なし

アートメイクが入りにくい人の4つの特徴!キレイに仕上げたいなら守りたいポイント

2024.05.28
※当サイトの記事には、事業者の商品・サービスの広告を含んでおります。
Art+は、複数のクリニックと提携し情報を提供しており、当サイトを経由してクリニックへのお問い合わせがあった場合には、各クリニックから報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
施術後から何日目からできるのか
アートメイクが入りにくいのはどんな体質?
アートメイクが入りにくい体質の場合はどうすれば良いの?

アートメイクは皮膚に細い針で専用のインクを注入していく美容医療です。

体質によってインクが入りにくいこともあります。

この記事では、どのような人がアートメイクが入りにくいのか紹介しています。

アートメイクが入りにくい人はどうすべきなのかも説明しているのでぜひ読んでみてくださいね。

アートメイクが入りにくい人の特徴

女性の顔

ここでは、アートメイクが入りにくい人の特徴を紹介します。

特徴1.オイリー肌(脂性肌)である

オイリー肌の人は、皮脂が多いためアートメイクがにじみやすく、入りにくいといわれています。

しかし、オイリー肌の人にもおすすめできるアートメイクはあるので、不安にならなくても大丈夫です。

カウンセリング時に肌質について相談し、自分にあった施術方法をアーティストに提案してもらいましょう。

特徴2.出血しやすい

アートメイクの施術では細い針を使用するため、出血はそこまで多くはなく、傷跡も1週間ほどで治ります。

しかし、出血しやすい人はアートメイクの施術箇所から過剰に血が出ることがあります

アートメイクの施術で出血しすぎると、皮膚に注入したインクが一緒に流れてしまい、結果的にアートメイクが定着しづらいです。

たとえば、皮膚が薄い人は出血を起こしやすく、アートメイクが入りにくいといえるでしょう。

また、以下の特徴に当てはまる人は、一般的な人よりも皮膚が薄い可能性があります。

  • 肌を触るとすぐに赤みが出る
  • 肌に色ムラがある
  • 洗顔するとヒリヒリする
  • 日焼けの影響を受けやすい
  • 乾燥やしわが多い

上記の特徴がある場合は、アートメイククリニックのカウンセリングで相談しておきましょう。

特徴3.涙が出やすい

アイラインにアートメイクを入れる場合に限った話ですが、涙が出やすい人もアートメイクが入りにくいです。

アイラインは目元にあるため、施術中に痛みを感じて涙を流してしまうと、インクも一緒に流れてしまいます。

ただ、クリニックによっては使用する麻酔の量を調整してくれます。

麻酔で痛みを軽減すれば涙が出る可能性も減るので、きれいに仕上げてもらえるでしょう。

なお、花粉症の方は春などに施術を受けると涙が出やすいので、シーズン中はアートメイクを受けるのは避けた方が良いです。

特徴4.特定の薬を服用している

飲んでいる薬の種類によって、アートメイクのインクが入りにくいケースもあります。

普段から薬を飲んでいる人は、アートメイク施術のカウンセリング前に伝えましょう。

また、飲んでいる薬の種類によっては、アートメイクを受けられないこともあります。

たとえば、血液をサラサラにする薬を飲んでいる場合は、施術を断られる可能性もあるので気を付けましょう。

アートメイクが入りにくい人が施術を受ける際に気を付けるべきこと

アートメイクが入りにくい人でも、ポイントをおさえればきれいなアートメイクを手に入れられます。

どのような点に気を付けるべきなのか、5つのポイントを順番に見ていきましょう。

ポイント1.2回以上施術を受ける

アートメイクが入りにくい人は、2回以上で施術を受けるのが効果的です。

そもそも1回目のアートメイクは、肌がインクを異物とみなし排出しようとしてしまうため、定着率は約30%〜50%にとどまります。

しかし、2回目になると定着率は約80%まで上がります。

アートメイクが入りにくい人でも、2回以上に分けて施術すれば色が定着するでしょう。

なお当サイト(Art+)がアートメイクをやったことのある126人の女性におこなった調査では、2回以上施術した人がどの部位においても4割前後いることがわかっています。

施術を2回以上受けた人の割合

ポイント2.ワセリンなどの保湿剤を塗ってアフターケアを徹底する

アートメイクの色を定着させるうえで、アフターケアは重要です。

施術直後はアートメイクのインクがまだ定着していない状態なので、アフターケアをしないと色素が流れやすくなります。

色落ちをなるべく防ぐためにも、クリニックから処方される保湿剤を決められた回数分塗っておきましょう。

保湿剤でケアしておくと、インクの定着をサポートしたり、患部を保湿したりすることができます。

ポイント3.ダウンタイム中のNG行動に注意する

アートメイクの施術後は1週間ほどのダウンタイムがありますが、その間にしてはいけない行動があります。

たとえば以下のような行動です。

施術後から何日目からできるのか

運動や入浴などの代謝を上げる行動は血流を促進させて、肌のターンオーバーを活性化し、色素が排出されやすくなります。

日焼けは、肌のターンオーバーを促すだけではなく、アートメイクの変色の原因にもなるので、注意が必要です。

代謝を上げる行動はダウンタイム中は控え、外出する際は季節に関係なく日焼け対策をしましょう。

日焼け対策の際は患部に日焼け止めクリームを塗るのではなく、日傘や帽子などを活用するのがおすすめです。

ポイント4.薄くなってきたらリタッチで修正してもらう

アートメイクが薄くなってきたら、早いタイミングでリタッチを受けることも大切です。

そもそもアートメイクは永遠に残るものではなく、1年〜2年ほどで薄くなります(個人差あり)。

しかし、アートメイクが入りにくい人の場合は、色が落ちるのが早いこともあります。

アートメイクがぼやけてきたと感じる場合は、クリニックでリタッチを受けましょう。

リタッチを受ければ、薄くなったアートメイクをきれいなデザインに修正してもらえます。

アートメイクが入りにくい人がクリニックを選ぶ時のポイント

アートメイククリニックを選ぶうえで見ておくべき5つのポイントを紹介します。

アートメイクが入りにくい人は、以下の特徴に当てはまるクリニックを選びましょう。

ポイント1.2回以上のセットで施術してくれる

クリニックを選ぶ際は、2回以上で1セットのプランがあるかどうかを見ておきましょう。

クリニックによっては1回のみの施術で終わることもありますが、インクの定着を重視するなら2回以上受けた方が良いです。

また、アートメイクを長年キープしたい人は、クリニックのメニューにリタッチがあるかどうかも見ておきましょう。

ポイント2.症例や年間施術数が多い

アートメイクの症例や年間施術数が多いクリニックは経験が豊富といえます。

経験が豊富なクリニックは、アートメイクのノウハウが充実しているので、色素が入りにくい人への施術例もあるはずです。

また、症例が多いと、どのようにデザインしてもらえるのか事前にある程度わかるので、イメージがつきやすいでしょう。

アートメイクで失敗するリスクを避けるためにも、実績のあるクリニックで施術を受けるようにするのがおすすめです。

ポイント3.技法が充実している

技法が充実しているクリニックだと、幅広い肌質の人に対応できます。

たとえば眉毛アートメイクの場合、技法には以下のようなものがあり、肌質によって適した技法も異なります。

技法特徴
パウダー
>>症例を見る
パウダーメイクしたような
仕上がりになる
毛並み
>>症例を見る
自然な毛流れになる
ミックス
(パウダーと毛並みのミックス)
>>症例を見る
より立体感のある眉毛になる

たとえば、オイリー肌は皮脂によって色が入りにくいので、毛並みはあまり適していません。

しかし、パウダーであれば問題ないでしょう。

このように幅広い技法に対応したクリニックであれば、自分の肌質にあった施術を受けられます。

ポイント4.相談しやすいクリニックである

クリニック選びの際は、カウンセリングにも注目しましょう。

丁寧にカウンセリングしてくれるクリニックであれば、肌質について詳しく調べてくれたり、アートメイクが入りにくい場合にどのような施術・ケアをしてくれるのかなどを教えてくれます。

アートメイクにおいてカウンセリングは重要なので、自分の不安・悩みと真剣に向き合ってくれるクリニックを選んでください。

人気のアートメイククリニック9選

ここでは人気のアートメイククリニック9院を紹介します。

年間症例数は6万件以上!圧倒的な実績をもつメディカルブロー

メディカルブロー

メディカルブローの特長

  • 独自技術の6Dストロークで、すっぴんにもなじむ眉に
  • 難しい認定試験をパスしたスキルのある施術者が多数在籍
  • カスタマーサポートセンターがあるなどアフターフォローが手厚い

    メディカルブローは症例数が豊富で、国内最大手のアートメイクブランドです。

    最短で美眉を手に入れるなら、最上位ランクの「グランドマスターコース」がおすすめ。

    眉毛アートメイクの価格は2回セットで15万円とお高めですが、長年の「眉のお悩み」におさらばできて、理想の眉に。

    また、理想の眉にしたいけど...。少し価格を抑えたい人は眉2回セットで11万円の「マスターコース」がおすすめ。

    マスターコースなら、新人の教育もできる一定の技術や知識を備えたアーティストが担当。

    最上位ランクよりも総額4万円ほど安く受けられるから、おサイフの負担は減らしつつ、仕上がりも妥協したくない人にぴったりです。

    メディカルブローの
    公式サイトを見る

    技術を磨きぬいたアーティストがそろうグロウクリニック

    グロウアートメイクの特長

    • 素肌を引き立てる、繊細でふんわり自然な眉に
    • どんなデザインも同一価格だから、あなたに合った眉デザインを提案してくれる
    • シンプルな料金体系で、眉1回7.5万円で受けられる

      グロウアートメイクの最大の特徴は、「アーティストの『高い技術力』」。

       アーティストは全員、デビューまでに720時間以上の研修や技術試験を受けていて、1人ひとりが高い技術力を持っています。

      アーティストの技術研修に力を入れているグロウアートメイクだからこそ、どんな眉デザインを選んでも一律価格

      眉毛アートメイクは1回7.5万円から受けられて、オーダーメイド仕上げのあなただけの眉に。

      自分に似合う眉がわからない、プロにゼロからすべてお任せしたい人におすすめですよ。

      グロウアートメイクの
      公式サイトを見る

      メニュー・デザイン・カラーが豊富なDAZZY CLINIC(デイジークリニック)

      デイジークリニックの特長

      • 高いスキルを持つアーティストが在籍
      • 眉アートメイクのメニュー×デザイン×カラーが豊富
      • オンライン相談が可能

        DAZZY CLINIC(デイジークリニック)」は眉・リップ・アイライン・ほくろ・ヘアラインと施術メニューが豊富なうえに、デザインやカラーの選択肢も多いクリニックです。

        技法は3種類、カラーは複数色あり、その中から自分に合ったものを選べるので理想の眉毛に出会えるでしょう。

        オンラインでのカウンセリングも実施しているため、事前に自宅で不安を解消させることができます。

        デイジークリニックの
        公式サイトを見る

        講師レベルのアーティストが多数在籍!アートメイクギャラリー

        アートメイクギャラリーの特長

        • 海外の技術をいち早く取り入れている
        • 講師レベルの技術を持つスタッフが多数在籍
        • すっぴんでもなじむ、自然で美しい眉毛を手に入れることが可能

          顧客満足度、99.4%※の「アートメイクギャラリー」では、リーズナブルな価格で最先端アートメイクの施術を受けられます。
          ※アートメイクギャラリー調査

          シグマデザインと呼ばれる6つのステップで高品質なデザインを実現しているため、思い通りの仕上がりを手に入れられるでしょう。

          眉アートは仕上がり状態を3種類の中から選べるため、納得いくクオリティの眉を手に入れることが可能です。

          アートメイクギャラリーの
          公式サイトを見る

          東京の医療アートメイクの先駆け的存在!銀座よしえクリニック

          銀座よしえクリニックの特長

          • 厚生労働省の指導通りに、訓練を受けた医療有資格者が施術を行う
          • 自眉と間違えるくらい自然な仕上がりが可能
          • 総合皮膚科ならではの丁寧な施術やアフターケアを行ってくれる

            銀座よしえクリニック」は、アートメイク年間1,200人以上※の利用者や雑誌掲載・年間症例数など圧倒的な実績がある医療機関として信頼の高いクリニックです。
            ※銀座よしえクリニック調べ

            最新3Dアートメイクで、リアル眉毛のように毛の一本一本まで再現できるのが特徴です。

            3回目以降の施術もお得に受けられるため、自分に似合う美眉を追求し仕上げられます。

            アートメイク以外に美容皮膚科としての治療も行っているため、美容医療に関する知見も豊富です。

            銀座よしえクリニックの
            公式サイトを見る

            唯一無二の「4D+植毛」が魅力!湘南美容クリニック

            湘南美容クリニックの特長

            • アートメイクを受けたとバレにくいナチュラルな美眉に
            • 眉モニターなら3.96万円(1回)、2回目以降※はさらにオトク
            • 無料でカウンセリングが受けられるから、相談しやすい

                ※6か月以内なら34,650円

                湘南美容クリニックではモニター価格なら、1回4万円以下で眉毛アートメイクが受けられます。

                最大の魅力は、どんなデザインも同一価格で受けられること。

                料金体系がシンプルだから、さまざまな技法を用いてあなたに似合う美しい眉に仕上げてもらえますよ。

                とくに、眉毛アートメイクは毛量や毛流れはもちろん、その人の顔のかたちや筋肉の付き方を見極めることが大切。

                美容整形も取り扱う湘南美容クリニックなら、美容のエキスパートとして豊富な知識をもとに、数年後もキレイな眉を叶えてくれます。

                初回も2回目もオトクに受けたい、価格は抑えつつ、プロ仕上げの美眉になりたいという人におすすめです。

                湘南美容クリニックの
                公式サイトを見る

                ナチュラルな色素でアートメイクができるAISプレミアムアートメイク

                AISプレミアムアートメイクの特長

                • 施術数が豊富なベテランアートメイクアーティストが在籍
                • 黄金比を導き出してくれるため理想的な眉毛が可能
                • オンラインで無料相談が可能

                  充実した施術プランと業界屈指の豊富なカラーから、自分の希望に合った理想の眉毛を追求できる「AISプレミアムアートメイク」は、黄金比からも似合うデザイン提案してくれるため初心者の方でも安心して施術を受けられます。

                  肌に優しいナチュラルな色素原料が使用されているため、敏感肌の方や炎症・アレルギーなどが気になる方でも安心して施術に臨めるでしょう。

                  オンラインでカウンセリングを行ってくれるため、近くにクリニックがなくても施術に対する疑問点や不安を気軽に質問できる点が大きなメリットと言えます。

                  ▼症例が気になる方は、画像をタップ!▼
                  (SKIN CLINIC 9ruのページに移動します)

                  SKIN CLINIC 9ruの症例

                  AISプレミアムアートメイクの
                  公式サイトを見る

                  年間症例数は3,200人以上!実績豊富なエルムクリニック

                  エルムクリニックの特長

                  • 国内トップクラスの高度な技術を取得した技術者が在籍
                  • 周りに眉アートをしたと気づかれないほど自然な仕上がりが可能
                  • オンライン診療可能

                    エルムクリニック」では眉毛、リップ、アイラインなどの施術が可能で、眉アートのデザインは3種類から選べます。

                    世界最先端の高い技術を持った医療アートメイクのプロが施術を行なってくれるため、アートメイクを安心して任せたいと思う方におすすめです。

                    あらゆるSNS媒体でクリニックの情報を発信しているので事前にクリニックのことを把握するのに困りません。

                    デザインや症例実績も豊富に掲載されているため、施術のイメージをしやすいクリニックでしょう。

                    ▼症例が気になる方は、画像をタップ!▼

                    エルムクリニック症例

                    エルムクリニックの
                    公式サイトを見る

                    アートメイクの施術が難しい人の特徴

                    アートメイクが入りにくい人がいる一方、そもそもアートメイクの施術を受けるのが難しい人もいます。

                    どのような人だと、アートメイクの施術を受けるのが難しいのか見ていきましょう。

                    特徴1.妊娠中・授乳中

                    妊娠中や授乳中はホルモンバランスが変化しやすく、肌質も変わるタイミングです。

                    人によっては施術中の痛みを強く感じたり、色の定着がよくないこともあります。

                    さらに、麻酔や感染症にかかったときの薬を処方するのも難しくなるのでリスクが高いです。

                    現在妊娠中・授乳中の方は、アートメイクを入れるのはしばらく控えましょう。

                    特徴2.皮膚疾患や重度のアトピー

                    ケロイド体質(※1)や重度のアトピーだとアートメイクの施術を受けられません。

                    アートメイクは細い針で皮膚に穴をあけるため、皮膚疾患があるとダウンタイム後の症状が大きくなります。

                    ただ、かかりつけ医の許可が下りている場合はアートメイクの施術を受けることも可能です。

                    また、クリニックによっては施術前にパッチテスト(※2)を受けることもできるので、心配な方は確かめておきましょう。

                    ※1 ケロイド体質とは、手術やけがによる傷がきれいに治らず、代わりに赤く盛り上がった目立つ痕跡をつくる現象が起きやすい体質のこと。
                    ※2 アートメイクのパッチテストとは、目立たない箇所にアートメイクの色素を入れて、問題がないかを確認するテストのこと。

                    特徴3.重度の金属アレルギー

                    重度の金属アレルギーの人だと、アレルギー症状が強く出ることがあるのでアートメイクを断られる可能性があります。

                    実はアートメイクで使用するインクには、少なからず金属成分が含まれているからです。

                    しかし、クリニックによっては事前にパッチテストができるので、アレルギーが不安な方は問い合わせてみましょう。

                    特徴4.血液疾患や内科疾患がある人

                    糖尿病や高血圧、心臓病などの治療中だと、アートメイクを受けられないことがあります。

                    たとえば、治療のために血液をサラサラにする薬を飲んでいると、施術中に出血が止まらなくなる可能性があります。

                    また合併症などのリスクもあるため、疾患がある方は、事前にかかりつけ医へ相談しておきましょう。

                    特徴5.1か月以内にほかの美容施術を受けた方

                    直近1か月以内に美容整形やレーザー治療などの施術を顔に受けた場合、アートメイクを受けるのは避けましょう。

                    アートメイクや美容整形などは、いずれも肌に負担がかかる施術です。

                    すでに別の美容施術を受けたあとにアートメイクを入れると、肌が過剰にダメージを受け肌トラブルにつながる恐れがあります。

                    アートメイク後に肌荒れを起こさないためにも、ほかの美容施術から前後1か月〜3か月は期間を置きましょう。

                    Q&A

                    ここではアートメイクに関するQ&Aを紹介します。

                    メンズだとアートメイクが入りにくくなりますか?

                    メンズだからといって、アートメイクが入りにくいことはありません。

                    アートメイクが入りにくいことに性別は関係なく、あくまで肌質によるところが大きいです。

                    男女に関係なくオイリー肌だったり、出血しやすかったりする人だと、アートメイクが入りにくくなります。

                    アートメイクは18歳未満でも施術してもらえますか?

                    アートメイクは18歳未満でも施術してもらえます。

                    年齢は関係ないので、高校生が施術を受けることも可能です。

                    しかし、18歳未満だと保護者の同意が必要なケースが多いので、まず親に相談しましょう。

                    アートメイクを入れたあとはMRIを受けられますか?

                    アートメイクを入れたあとでもMRIは受けられます。

                    なぜなら現在日本のアートメイクで使われている色素は、金属の含有量が微量で、MRI検査に影響を及ぼすほどではないと考えられているからです。

                    ただし、アートメイクを受けた部位については、念のためMRIを受ける医療機関に事前に申告したほうがよいでしょう。

                    ▼アートメイクとMRI検査の関係については、以下の記事で詳しく紹介しています。

                    まとめ

                    • 出血しやすい人や皮脂の分泌が多い人だとアートメイクが入りにくいこともある
                    • アートメイクが入りにくい体質でも、施術の回数や方法によってきれいにインクを入れることができる
                    • 体質的にアートメイクの施術がNGな人もいるので注意

                    調査概要

                    調査概要

                    • 調査実施会社:トレンダーズ株式会社
                    • 調査実施期間:2023年6月12日~2023年6月13日
                    • 調査対象:20~49歳の女性1210人(うちアートメイク経験者126人)
                    • 有効回答数:1210(うちアートメイク経験者:126)
                    • 調査方法:インターネット調査(Surveroidを利用)

                    本記事に関する特記事項

                    ・本記事の内容は、記事の公開日または更新日時点での情報です。 紹介しているクリニック情報・サービスなどの内容が変更されている場合がございますので、最新の情報は公式サイトを参照ください。
                    ・本記事に記載されている費用などの「金額」は一部プランの例です。コースや時期によって、本記事での表記とサービス内での表記が異なる場合があります。
                    ・本記事で紹介しているアートメイククリニックの選定について、監修者の方は一切関わっていません。

                    SHARE

                    • Xでシェア
                    • Facebookでシェア
                    • LINEでシェア