部位

こだわり

エリア選択

指定なし

アートメイクとタトゥーの違いとは?14項目で徹底比較!

2024.03.28
※当サイトの記事には、事業者の商品・サービスの広告を含んでおります。
Art+は、複数のクリニックと提携し情報を提供しており、当サイトを経由してクリニックへのお問い合わせがあった場合には、各クリニックから報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。

\先着で必ずもらえる!

アートメイクとタトゥーは何が違うの?
アートメイクとタトゥーだとどっちが痛いの?
日常生活への影響が少ないのはどっちなの?

アートメイクとタトゥー(刺青・イレズミ)はどちらも皮膚に細い針を刺して、特製のインクを注入する施術です。

共通点も複数あるため、どのような違いがあるのか気になるでしょう。

この記事では、アートメイクとタトゥーの違いを14項目に分けて紹介します。

アルスクリニック アートメイクアーティスト

中山 綾華

【保有資格】
看護師免許
J.URBANTOUCH BROW MASTER COURSE
J.URBANTOUCH LIP MASTER COURSE
東京アートメイクアカデミーbrow basic course受講

 

https://ars.clinic/

アートメイクとタトゥーの違い

アートメイクとタトゥーの違いを14の項目に分けて解説します。

どのような違いがあるのかひとつずつチェックしてみてください。

違い1.色素を入れる位置

 アートメイクタトゥー
針を入れる深さ表皮層~真皮上層真皮層

アートメイクとタトゥーの針の深さの違い

タトゥーは皮膚の真皮層深くまで針を刺しますが、アートメイクではそれよりも浅い、真皮上層に針を刺します。

タトゥーのように真皮層深くに針を入れると考えると、想像するだけで痛そうですよね。

一方アートメイクは浅いところに針を刺すため、弾性繊維や膠原繊維という肌のハリにつながる組織を傷つけるなどのリスクは比較的高くありません。

針を入れる深さの違いから、次に紹介するダウンタイム期間にも大きな違い出てきます。

違い2.ダウンタイムの期間

 アートメイクタトゥー
ダウンタイムの
期間目安
数日から1週間ほど1か月ほど

アートメイクはダウンタイムが1週間程度で終わります。

なぜなら、皮膚の浅いところに針を刺すため、傷の治りが速いから。

基本的には1週間で症状が落ち着き、症状も少しの痛みや腫れなどで済むケースが多いです。

しかし、タトゥーは皮膚の深いところに針を刺すため、出血を伴うこともあります。

傷が深い分、ダウンタイムの期間が長くなり、1か月ほどかかるのが基本です。

違い3.持続効果

 アートメイクタトゥー
持続効果1年~2年
(個人差あり)
半永久的

アートメイクは個人差はあるものの1~2年はキープでき、徐々に薄くなる特徴があります。

これは、皮膚の浅いところにインクを入れるため、肌のターンオーバーによって薄くなることが理由です。

徐々に薄くなるからこそ、リタッチという微調整を行いながら多少のデザイン変更しながらアートメイクを楽しめますよ。

タトゥーの場合は真皮層に色素を入れているので、ターンオーバーが起きても色が抜けず、アートメイクのように微調整することも難しいです。

違い4.施術後のデザイン変更

 アートメイクタトゥー
デザイン変更×

アートメイクはターンオーバーで色が薄くなるため、いろいろなデザインを楽しめます。

たとえば、流行に合わせて眉毛を整えることも可能です。

ただし色素の残り具合によって、希望のデザインができるかどうかが変わってくるため、アーティストと相談しながらデザインを決めましょう。

一方で、タトゥーは半永久的に残るため、デザインを変更できません。

違い5.施術者の必要資格

 アートメイクタトゥー
施術する際の
必要資格
医師免許を持った医師
医師の指示の下にある看護師
不要

資格面での違いは、医師や医師の指示がある看護師が施術するかどうかです。

アートメイクは、医師や医師の指示のある看護師でなければ施術ができません。

なぜなら、日本では細い針を皮膚に刺すという施術が医療行為とみなされているから。

万が一炎症が長引いた場合は医師や看護師であれば適切な処置をしてもらえるため、安心感がありますよね。

仮に上記の資格がない人が施術をした場合、医師法違反にあたるため違法となります。

一方でタトゥーは医師や看護師の資格がなくても施術が可能です。

違い6.施術時の痛みや麻酔の有無

 アートメイクタトゥー
痛みの目安毛抜きで眉毛を抜く程度の痛みシャーペンやカッターで肌を削るような痛み
麻酔の有無×
(施術者が医師免許を持っていない場合)

アートメイクとタトゥーでは針の刺す位置が異なるため、痛みにも違いがあります。

アートメイクは毛抜きで眉毛を抜く程度の痛みと言われているので、そこまでの強さはありません。

施術時は麻酔を塗布してもらえるため、痛みを軽減できます。

一方で、タトゥーはシャーペンやカッターで肌を削るような痛みと言われています。

医師でない彫師が施術する際は麻酔を使えないので、アートメイクに比べると痛みが強くなりやすいです。

違い7.体内に注入するインクの金属含有量

 アートメイクタトゥー
インクに含まれる
金属成分の量
微量比較的多い

インクの金属含有量にもアートメイクとタトゥーで違いがあります。

アートメイクで使用するインクは、金属成分がほとんど含まれていません。

特にFDAやEMA、SDSが認可するインクは、一定の基準で審査を通っているため信頼できます。

  • FDA:米国食品医薬品局のこと。日本の厚生労働省のような役目を果たしている。
  • EMA:欧州医薬品庁のこと。医薬品の承認をしている。
  • SDS:安全データシートのこと。化学物質の危険性・有害性及び取扱いに関する情報を記載している

タトゥーで使用するインクは、アートメイクのインクに比べると金属成分が多い傾向にあります。

アートメイクのインクのようにFDAやEMAなどの認可を受けた色素も少なく、MRIが受けられない場合もあるため、

アートメイクのほうがより安全面も優れているでしょう。

違い8.日常生活への影響

 アートメイクタトゥー
MRI検査のリスク低い比較的高い
プール制限なし入れないことがある
銭湯制限なし入れないことがある
周囲の目ほとんど気にならない気になりやすい

アートメイクは普段の生活への影響もほとんどありません。

なぜならアートメイクは、色素を入れていることが周りの人に気づかれにくいから。

ダウンタイム中は色素が濃く見える期間なので、若干の違和感はあるものの、色素が定着するとその違和感もなくなります。

タトゥーのように、「プールや銭湯に入れない」「周囲の目線が気になる・・・」などといった日常生活への影響はほとんどないと言えます。

違い9.アフターケアのやり方

 アートメイクタトゥー
ダウンタイム中の
アフターケア
・クリニックで処方された薬を塗る
・施術部位を触らない
・施術箇所を濡らさない
・オロナインやワセリンなどを塗る
・施術部位を触らない
・施術箇所を濡らさない

アフターケアのやり方は、基本的にアートメイクもタトゥーも大きく変わりません。

ダウンタイム中は患部を触ったり、濡らしたりせず薬を塗ることが大切です。

しかし、使用する薬に違いがあります。

タトゥーは塗り薬を自分で準備しなければならないのに比べ、アートメイクはクリニックから処方してもらえる軟膏や保湿剤を塗ります。

アートメイクのクリニックでは、色素の定着や傷の保護を重視した軟膏や保湿剤を処方してくれるので、安心して塗れますよ。

違い10.主な施術箇所

 アートメイクタトゥー
人気の施術箇所眉毛
リップ
アイライン
ヘアライン
頭皮
ほくろ
ニップル
背中



ふくらはぎ
お尻
足首
など

アートメイクとタトゥーはどちらも全身に受けることができますが、アートメイクは眉毛やリップなどが人気です。

アートメイクの施術可能部位

特に眉毛やリップといった第一印象で目に付きやすいところは人気があります。

また、傷跡のカモフラージュや頭皮への施術など、個人の悩みに合わせて施術もできます。

一方、タトゥーは施術箇所が多いものの、ファッション的な感覚で入れる場合が多いです。

違い11.施術の流れ

 アートメイクタトゥー
主な流れ1.カウンセリング
2.医師による問診
3.アートメイクのデザイン決め
4.施術箇所の消毒・麻酔
5.アートメイクを施術
6.アフターケアの説明
7.施術2回目の説明・予約
1.デザイン確認
2.施術を受ける意思確認
3.料金や施術の確認
4.剃毛・消毒
5.希望デザインの下絵
6.タトゥーを施術
7.アフターケアの説明
8.施術2回目の説明・予約

施術の流れで大きく違うのは「問診があること」「麻酔をすること」

アートメイク施術の流れ

アートメイクは医療行為にあたるため、施術の前に問診があることがほとんどです。

問診を受けて体質的に施術しても問題ないか確認してくれるため、事前にリスクを抑えられます。

また、アートメイクは医療行為のため、麻酔を塗布する時間があることも大きな違いです。

タトゥーの場合はカウンセリングや問診がない場合もあったり、医師がいなければ麻酔を塗布する時間もなかったりといった違いがありますよ。

違い12.施術回数

 アートメイクタトゥー
施術回数基本1~2回基本1回
(施術範囲が広い場合は2回以上)

アートメイクは2回以上に分けて受けるのが一般的です。

回数を分けて施術してもらうことによって、インクが定着しやすくなったり、デザインを微調整したりできるメリットがあります。

ただ、クリニックによってクリニックによって2回セットプランもあれば、1回のみのプランしかないところもあります。

「2回セットプランがあれば選ぼうと思ってたのに無くてがっかり・・・」とならないためにも、ホームぺージなどであらかじめ調べておくといいでしょう。

タトゥーの場合は施術範囲が広くない限り、基本的には1回施術を受ければ終わります。

違い13.年齢制限

 アートメイクタトゥー
年齢制限なし
(未成年は親の同意が必要)
18歳~
(自治体によっては20歳~)

年齢制限が設けられている部分も違いの1つです。

アートメイクは基本的に年齢制限がないので、未成年からご年配の方も施術を受けられます。

クリニックによっては未成年の施術に対する同意書の提出を求められる場合もありますが、同意書が提出できれば施術を受けられます。

タトゥーの場合は「青少年保護条例」に従う必要があるため、18歳未満は受けられません(自治体によっては20歳未満)。

違い14.施術にかかる費用

 アートメイク
(眉毛2回施術の場合)
タトゥー
値段の目安
(トータルの金額)
100,000円~150,000円数千円~数十万円

費用面で見るとアートメイクは比較的料金が高いです。

アートメイクでかかる可能性のある費用

理由は初診料や再診料、場合によっては処方箋代などがかかるからです。

一方で、タトゥーは医療行為ではないことも影響して、比較的料金が安くなっています。

ただ、アートメイクは万が一なにか起きた場合に医師や看護師が対応してくれたり、衛生管理が徹底していたりするので、安心感が強いですね!

アートメイクとタトゥーの共通点

アートメイクとタトゥーには複数の違いがありますが、共通するところもあります。

6つの共通点を順番に見ていきましょう。

共通点1.針を刺してインクを入れていく

アートメイクもタトゥーも、施術のやり方は同じです。

施術箇所に専用の針を刺して、色素を入れていきます。

針を刺す深さや使用するインクなどに違いはありますが、施術自体は基本的に変わりません。

共通点2.体質の問題で施術を受けられない人がいる

アートメイクやタトゥーは全員が受けられる施術ではありません。

たとえば、以下の特徴がある人は施術を受けるのが厳しいです。

  • 妊娠中
  • 授乳中
  • 金属アレルギー
  • 重度のアレルギー体質
  • 血液疾患や心臓病がある人
  • 美容施術や美容整形を受けて間もない人

ただし、アートメイクに関しては医療クリニックで事前にパッチテストを受けることもできます。

アートメイクの施術を受けられるか不安な場合は、パッチテストを希望しましょう。

共通点3.一度施術したらすぐに消えない

アートメイクやタトゥーは簡単に消せないのも共通点です。

施術に失敗したからといって、こすったり水で洗ったりしても消えません。

もし、アートメイクやタトゥーを今すぐ消したい場合は、別で以下の施術を受ける必要があります。

  • 除去剤の使用
  • レーザー除去
  • 施術部位を切開して色素を除去

レーザーや切開はリスクを伴うため、失敗しないように信頼できる場所で施術を受けることが大切です。

共通点4.100%希望どおりのデザインになるとは限らない

アートメイクやタトゥーを受ける際に、100%希望どおりのデザインになるとは言えません。

たとえば、事前のデザイン決めで希望が十分に伝わらないこともあります。

施術者と施術を受ける人との間で希望デザインの認識に差があると、完成後に想像と違う見た目になりやすいです。

アートメイクやタトゥーを受ける際は、施術前にしっかりと希望を伝えるようにしましょう。

中山さん

アートメイクアーティスト 中山さん

アートメイクに関しては、イメージのデザインがあれば症例写真をお持ちいただいても構いません。

イメージの症例写真があると色味やデザインをアーティストと共有することができます。

共通点5.ダウンタイム中は行動を制限される

アートメイクやタトゥーのダウンタイム中は、原則として以下の行動が禁止です。

  • 激しい運動
  • 飲酒
  • 入浴
  • サウナ
  • 日焼け
  • 施術箇所への洗顔や化粧

ダウンタイム中に運動や飲酒などで代謝を上げると、肌のターンオーバーが促されて色素の流出につながります。

色素がダウンタイム中に流れてしまうと、すぐに消えてしまうので注意が必要です。

タトゥーの場合はダウンタイムの期間が1か月と長いですが、デザインを定着させるためにも我慢しましょう。

共通点6.施術するクリニックやスタジオによって値段が異なる

アートメイクやタトゥーはクリニックやスタジオによって値段の差が大きくなっています。

値段に差があるのはアートメイクやタトゥーが自由診療にあたるため、施術側で自由に値段を設定できるからです。

中には値段を極端に安くしていることもありますが、値段が安すぎるとアフターケアや器具管理が適切でないなどリスクが上がります。

特にタトゥーは施術箇所やスタジオによって値段も大きく変わるので気を付けましょう。

アートメイクが向いている人の特徴

タトゥーよりもアートメイクが向いている人の特徴を紹介します。

特徴1.リスクを抑えて施術してもらいたい

アートメイクはリスクを抑えたい人向けの美容医療です。

針を刺す深さはタトゥーより浅く、ダウンタイムは数日から1週間で終わるため、ダメージも長期的に及びません。

さらに、アーティストは医師免許を持っていて、施術前には医師の問診もあります。

万が一、施術部位にトラブルが起きた場合でもクリニックに相談できるため、安心して施術を受けられるのが魅力です。

特徴2.流行に合わせてデザインを変えたい

アートメイクは1年〜2年でデザインが薄くなる特徴を持っています。

時間の経過に合わせて消えていくので、いろいろなデザインを楽しむことが可能です。

たとえば、眉毛アートメイクを受けた場合は、平行眉からエレガント眉に変えることもできます。

おしゃれとしても楽しめるのがアートメイクの良いところです。

特徴3.痛みに耐えるのが得意ではない

アートメイクはタトゥーに比べると痛みが弱い傾向にあります。

皮膚の浅い層に針を刺し、施術前には麻酔も塗布してもらえます。

痛みのレベルは個人差がありますが、タトゥーに比べると痛みは弱いです。

もし痛みが強かった場合には、アーティスト(看護師や医師)にその旨を伝えると麻酔を追加するなど適切な対応をしてくれます。

中山さん

アートメイクアーティスト 中山さん

技法によって痛みの感じ方は異なりますが、麻酔を使用しているので我慢できるほどです。痛みがつらいときは麻酔を追加していきますので、ご安心ください。

特徴4.化粧の時間を短縮したい

アートメイクは化粧時間を短縮したい人に向いています。

毎日のように化粧している人だと、メイクがうまく決まらないこともあって時間に余裕がありません。

なかなか希望の形に整わず、ストレスを感じている人もいるでしょう。

実際に、当サイトが実施したアートメイクに関するアンケートで、

アートメイク経験者が施術を受けた理由として最も多かったのは「メイクの時間を省きたかったから」という回答でした。

メイクの時間を省きたかったから44.4%
メイクが苦手だから33.3%
ノーメイクでも抵抗なく
過ごせるようにしたかったから
32.5%
メイクが落ちるのが嫌だから31.7%
友人・知人に
勧められたから
19%
アートメイクのデザインが
綺麗だったから
15.1%
インフルエンサーが
やっていたから
11.9%
韓国旅行に行ったから9.5%
流行っているから4.8%
その他1.6%

しかし、アートメイクを受ければ、施術箇所の化粧は最小限で済みます。

通常の化粧とは違って毎日同じ形を作りやすいメリットもあるので、化粧の悩みがある人にはぴったりです。

特徴5.施術後に日常生活で支障をきたしたくない

アートメイクは日常生活におけるリスクが高くないのも特徴です。

タトゥーと違って、プールや銭湯、温泉などへ入ることは禁止されていません。

さらに、技術力のある人に施術してもらえば、アートメイクしたことがわかりづらいです。

周りの目が気になりづらいため、日常生活における支障は少なく済みます。

アートメイクの施術を受けられるおすすめのクリニック

ここからはアートメイクのおすすめクリニックを紹介します。

圧倒的な実績あり!メディカルブロー

メディカルブロー

メディカルブローの特長

  • 独自技術の6Dストロークで、すっぴんにもなじむ眉に
  • 難しい認定試験をパスしたスキルのある施術者が多数在籍
  • カスタマーサポートセンターがあるなどアフターフォローが手厚い

    メディカルブローは症例数が豊富で、国内最大手のアートメイクブランドです。

    最短で美眉を手に入れるなら、最上位ランクの「グランドマスターコース」がおすすめ。

    眉毛アートメイクの価格は2回セットで15万円とお高めですが、長年の「眉のお悩み」におさらばできて、理想の眉に。

    また、理想の眉にしたいけど...。少し価格を抑えたい人は眉2回セットで11万円の「マスターコース」がおすすめ。

    マスターコースなら、新人の教育もできる一定の技術や知識を備えたアーティストが担当。

    最上位ランクよりも総額4万円ほど安く受けられるから、おサイフの負担は減らしつつ、仕上がりも妥協したくない人にぴったりです。

    メディカルブローの
    公式サイトを見る

    モニターなら2回4万円~施術ができる!トゥルーデザインクリニック

    トゥルーデザインクリニック

    トゥルーデザインクリニックの特長

    • 【お得】モニターなら眉毛アートメイクを2回4万円~受けられる!
    • 指名料も1,500円~1万円とお手ごろ
    • 心斎橋駅・四ツ橋駅・なんば駅から通いやすい

      トゥルーデザインクリニックは、大阪府の心斎橋駅から徒歩5分とアクセスのよいクリニックです。

      注目すべきは眉毛アートメイクのモニター料金の安さ眉のモニター価格は2回4万円から、通常、5,000円~2万円ほどの指名料も1,500円~1万円とお手ごろ。

      アートメイクは価格が高いな...とためらっていた人必見です。

      予約は公式HPからもOKですが、公式LINEからの予約がおすすめ。

      LINEなら直近の空き状況がわかるから、最短で予約が取りやすいですよ。

      関西にお住まいでアートメイクの費用を抑えたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

      トゥルーデザインクリニックの
      公式サイトを見る

        大学病院と提携のある銀座よしえクリニック

        銀座よしえクリニックの特長

        • 厚生労働省の指導通りに、訓練を受けた医療有資格者が施術を行う
        • 自眉と間違えるくらい自然な仕上がりが可能
        • 総合皮膚科ならではの丁寧な施術やアフターケアを行ってくれる

          銀座よしえクリニック」は、アートメイク年間1,200人以上※の利用者や雑誌掲載・年間症例数など圧倒的な実績がある医療機関として信頼の高いクリニックです。
          ※銀座よしえクリニック調べ

          最新3Dアートメイクで、リアル眉毛のように毛の一本一本まで再現できるのが特徴です。

          3回目以降の施術もお得に受けられるため、自分に似合う美眉を追求し仕上げられます。

          アートメイク以外に美容皮膚科としての治療も行っているため、美容医療に関する知見も豊富です。

          銀座よしえクリニックの
          公式サイトを見る

          技術力の高いアーティストが在籍!グロウクリニック

          グロウクリニックの特長

          • 素肌を引き立てる、繊細でふんわり自然な眉に
          • どんなデザインも同一価格だから、あなたに合った眉デザインを提案してくれる
          • シンプルな料金体系で、眉1回7.5万円で受けられる

            グロウアートメイクの最大の特徴は、「アーティストの『高い技術力』」。

             アーティストは全員、デビューまでに720時間以上の研修や技術試験を受けていて、1人ひとりが高い技術力を持っています。

            アーティストの技術研修に力を入れているグロウクリニックだからこそ、どんな眉デザインを選んでも一律価格

            眉毛アートメイクは1回7.5万円から受けられて、オーダーメイド仕上げのあなただけの眉に。

            自分に似合う眉がわからない、プロにゼロからすべてお任せしたい人におすすめですよ。

            グロウアートメイクの
            公式サイトを見る

            オンライン相談が可能なAISプレミアムアートメイク

            AISプレミアムアートメイクの特長

            • 施術数が豊富なベテランアートメイクアーティストが在籍
            • 黄金比を導き出してくれるため理想的な眉毛が可能
            • オンラインで無料相談が可能

              充実した施術プランと業界屈指の豊富なカラーから、自分の希望に合った理想の眉毛を追求できる「AISプレミアムアートメイク」は、黄金比からも似合うデザイン提案してくれるため初心者の方でも安心して施術を受けられます。

              肌に優しいナチュラルな色素原料が使用されているため、敏感肌の方や炎症・アレルギーなどが気になる方でも安心して施術に臨めるでしょう。

              オンラインでカウンセリングを行ってくれるため、近くにクリニックがなくても施術に対する疑問点や不安を気軽に質問できる点が大きなメリットと言えます。

              ▼症例が気になる方は、画像をタップ!▼
              (SKIN CLINIC 9ruのページに移動します)

              SKIN CLINIC 9ruの症例

              AISプレミアムアートメイクの
              公式サイトを見る

              ナチュラルな眉毛を再現できる!エルムクリニック

              エルムクリニックの特長

              • 国内トップクラスの高度な技術を取得した技術者が在籍
              • 周りに眉アートをしたと気づかれないほど自然な仕上がりが可能
              • オンライン診療可能

                エルムクリニック」では眉毛、リップ、アイラインなどの施術が可能で、眉アートのデザインは3種類から選べます。

                世界最先端の高い技術を持った医療アートメイクのプロが施術を行なってくれるため、アートメイクを安心して任せたいと思う方におすすめです。

                あらゆるSNS媒体でクリニックの情報を発信しているので事前にクリニックのことを把握するのに困りません。

                デザインや症例実績も豊富に掲載されているため、施術のイメージをしやすいクリニックでしょう。

                ▼症例が気になる方は、画像をタップ!▼

                エルムクリニック症例

                エルムクリニックの
                公式サイトを見る

                カラーバリエーションが豊富なDAZZY CLINIC

                デイジークリニックの特長

                • 高いスキルを持つアーティストが在籍
                • 眉アートメイクのメニュー×デザイン×カラーが豊富
                • オンライン相談が可能

                  DAZZY CLINIC(デイジークリニック)」は眉・リップ・アイライン・ほくろ・ヘアラインと施術メニューが豊富なうえに、デザインやカラーの選択肢も多いクリニックです。

                  技法は3種類、カラーは複数色あり、その中から自分に合ったものを選べるので理想の眉毛に出会えるでしょう。

                  オンラインでのカウンセリングも実施しているため、事前に自宅で不安を解消させることができます。

                  デイジークリニックの
                  公式サイトを見る

                  高品質なデザインを選びたいならアートメイクギャラリー

                  アートメイクギャラリー

                  アートメイクギャラリーの特長

                  • 海外の技術をいち早く取り入れている
                  • 講師レベルの技術を持つスタッフが多数在籍
                  • すっぴんでもなじむ、自然で美しい眉毛を手に入れることが可能

                    顧客満足度、99.4%※の「アートメイクギャラリー」では、リーズナブルな価格で最先端アートメイクの施術を受けられます。
                    ※アートメイクギャラリー調査

                    シグマデザインと呼ばれる6つのステップで高品質なデザインを実現しているため、思い通りの仕上がりを手に入れられるでしょう。

                    眉アートは仕上がり状態を3種類の中から選べるため、納得いくクオリティの眉を手に入れることが可能です。

                    施術や症例、予約・混雑状況はInstagramから簡単に確認ができます。

                    アートメイクギャラリーの
                    公式サイトを見る

                    圧倒的なクリニック数のある湘南美容クリニック

                    湘南美容クリニックの特長

                    • アートメイクを受けたとバレにくいナチュラルな美眉に
                    • 眉モニターなら3.96万円(1回)、2回目以降※はさらにオトク
                    • 無料でカウンセリングが受けられるから、相談しやすい

                        ※6か月以内なら34,650円

                        湘南美容クリニックではモニター価格なら、1回4万円以下で眉毛アートメイクが受けられます。

                        最大の魅力は、どんなデザインも同一価格で受けられること。

                        料金体系がシンプルだから、さまざまな技法を用いてあなたに似合う美しい眉に仕上げてもらえますよ。

                        とくに、眉毛アートメイクは毛量や毛流れはもちろん、その人の顔のかたちや筋肉の付き方を見極めることが大切。

                        美容整形も取り扱う湘南美容クリニックなら、美容のエキスパートとして豊富な知識をもとに、数年後もキレイな眉を叶えてくれます。

                        初回も2回目もオトクに受けたい、価格は抑えつつ、プロ仕上げの美眉になりたいという人におすすめです。

                        湘南美容クリニックの
                        公式サイトを見る

                        24時間予約OK!レディアス美容クリニック

                        レディアス美容クリニックの特長

                        • 皮膚科の専門医が施術対応
                        • すっぴんでも自信の映え眉が実現
                        • 24時間ネット予約が可能

                          JR恵比寿駅・日比谷線恵比寿駅から徒歩3分の「レディアス美容クリニック」は眉とリップの施術が受けられます。

                          最新技術を採用し、なりたいイメージに寄り添ったナチュラルで違和感のないデザインを提供しています。

                          実績ある皮膚科専門の医師が在籍しているため、アートメイク初心者でも安心して通え、施術後も適切な処置を受けることが可能です。

                          初めての方は1回目の施術をお得な料金で受けられます。

                          レディアス美容クリニックの
                          公式サイトを見る

                          アートメイクとタトゥーに関するQ&A

                          ここではアートメイクやタトゥーに関するQ&Aを紹介します。

                          Q.アートメイクやタトゥーの施術は保険適用されますか?

                          アートメイクは自由診療にあたり、タトゥーは医療行為ではないので、保険適用外です。

                          保険は使えないので提示された金額以上に安い値段で、施術を受けることはできません。

                          ただ、アートメイクのクリニックではキャンペーンやモニター価格を提供していることがあります。

                          価格面がネックになっている場合は、キャンペーンやモニターをチェックしてみましょう。

                          ▼お得なアートメイククリニックを知りたい方はこちら!

                          Q.アートメイクは1回受けるだけでいいの?

                          アートメイクは1回施術を受けるだけでも問題ありませんが、一般的に2回以上施術を受けたほうがいいといわれています。

                          アートメイクの2回目は、1回目の1か月〜3か月後に受けるのがおすすめです。

                          ▼アートメイクの2回目の施術について知りたい方は、こちらも参考にしてみてください。

                          まとめ

                          • アートメイクとタトゥーでは針を入れる深さや持続効果、医師免許の有無などに違いがある
                          • 「日常生活への影響を抑えたい」「化粧時間の短縮やコンプレックスの解消を目的にしている」という場合はアートメイクが向いている
                          • ダウンタイムがあったり、針を刺したりするのはアートメイクとタトゥーで共通

                          調査概要

                          調査概要

                          • 調査実施会社:トレンダーズ株式会社
                          • 調査実施期間:2023年6月12日~2023年6月13日
                          • 調査対象:20~49歳の女性1210人(うちアートメイク経験者126人)
                          • 有効回答数:1210(うちアートメイク経験者:126)
                          • 調査方法:インターネット調査(Surveroidを利用)

                          本記事に関する特記事項

                          ・本記事の内容は、記事の公開日または更新日時点での情報です。 紹介しているクリニック情報・サービスなどの内容が変更されている場合がございますので、最新の情報は公式サイトを参照ください。
                          ・本記事に記載されている費用などの「金額」は一部プランの例です。コースや時期によって、本記事での表記とサービス内での表記が異なる場合があります。
                          ・本記事で紹介しているアートメイククリニックの選定について、監修者の方は一切関わっていません。

                          SHARE

                          • Xでシェア
                          • Facebookでシェア
                          • LINEでシェア