部位

こだわり

エリア選択

指定なし

アートメイクは痛い?施術部位別の痛みやダウンタイム中の過ごし方

2024.05.28
※当サイトの記事には、事業者の商品・サービスの広告を含んでおります。
Art+は、複数のクリニックと提携し情報を提供しており、当サイトを経由してクリニックへのお問い合わせがあった場合には、各クリニックから報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
アートメイクは痛い?
アートメイクの施術中やダウンタイム期間中は痛みがあるの?

アートメイクは施術前に麻酔をするので、施術中の痛みは抑えられます。

また、施術中に痛みや刺激を感じたら麻酔を追加してもらえるため、施術中ずっと痛いというわけではありません。

この記事ではアートメイクの部位ごとの痛みや対策方法を施術中・施術後のダウンタイムでまとめました。

アートメイクの痛みがどのくらいか気になるという人はぜひ参考にしてみくださいね。

【結論】アートメイクの施術は痛い!しかし「我慢できる」という人が多い

結論、アートメイクは痛みを感じますが、麻酔をすることで痛みはコントロールできます。

当サイトで行った20代~40代の女性1,210人を対象にしたインターネット調査によると、アートメイクを受けた48.4%が「痛みはあったが、我慢できる程度だった」と回答しています。

施術中の痛み

とはいえアートメイクは針で皮膚の表面に色素を入れるので、「痛いのかな」と思う人も多いでしょう。

アートメイクで使用する針は細い針なので注射のような痛みがずっと続くというわけではなく、麻酔が効いている部分に刺激を与えるイメージです。

「麻酔が切れたら痛いんじゃないの?」「痛みに弱いから心配」と思う人もいるかもしれません。

次の項目ではアートメイクが「痛いといわれる理由」や「対策方法」を詳しくみていきます。

アートメイクが痛いといわれる理由

アートメイクが痛いといわれる理由は以下の通りです。

  • 理由1.針で色素を入れるから
  • 理由2.アートメイクを受ける人の体調や肌状態で異なるから
  • 理由3.痛みを感じやすい部位があるから
  • 理由4.アーティストのレベルが未熟な場合があるから

理由1.針で色素を入れるから

アートメイクは針で色素を入れる方法です。

施術中は麻酔をして行うため、痛みを抑えられます。

ただし、アートメイク後は色素を入れる際にできた傷が、かさぶたになるまでは腫れや赤みが数日間、出る場合があります。

その際はタオルでくるんだ保冷剤を当てたり、クリニックに相談して鎮痛剤を服用したりすることで抑えられます。

理由2.アートメイクを受ける人の体調や肌状態で異なるから

アートメイクの痛みは受ける人の体調や肌状態でも異なります。

とくに施術前は体調を万全に整えるのはもちろん、女性の場合は生理前や生理中なども肌が敏感になったり、痛みを感じやすかったりするため避けたほうが安心です。

また、アルコールが体内に残っていると麻酔が効きにくくなるため、施術前日の飲酒も避けましょう。

また肌状態にかかわらず、アートメイクの前はピーリングや脱毛などの肌に刺激を与える行為は避けてください。

理由3.痛みを感じやすい部位があるから

アートメイクは施術部位によって痛みを感じやすい部位があります。

とくに粘膜に近い、唇やアイラインは痛みを感じやすいかもしれません。

一方で眉毛などは毛抜きで普段から手入れをしたりする人も多いため、痛みを感じにくいといわれています。

理由4.アーティストのレベルが未熟な場合があるから

アートメイクアーティストは得意な部位やデザインはもちろん、アーティストごとに技術力が異なります。

よってクリニックごとに独自の研修制度やテストなどを設けていて、アートメイクアーティストのランクが分かれています。

とくに技術力が高く、ランクの高いアーティストになると、価格そのものが高額になったり、特定のアーティストに施術を依頼する場合は指名料がかかったりします。

美容師の技術力が低いと理想通りの髪型にならなかったり、通常よりも時間がかかったりするのと同じように、アートメイクもアーティストの技術力が低いと、施術中の痛みの度合いが強い可能性もあります。

できるだけ痛みが少なく、理想通りの仕上がりにしたいという人は経験豊富で、ランクが高いアーティストを選ぶほうが安心でしょう。

【施術部位別】アートメイクの痛みと対策方法

眉毛、リップ、アイライン、ヘアラインなどの施術部位ごとにアートメイクの痛みと対策方法をまとめました。

眉毛アートメイクの痛みと対策方法

眉毛アートメイクの施術中の痛みは毛抜きで毛を抜く時の痛みに近いといわれています。

万が一、施術中に痛みを感じたら、我慢せずにすぐに痛みを伝えて麻酔を足してもらいましょう。

施術後の痛みに対する対処法は以下の通りです。

  • 痛みを感じたら保冷剤で冷やす
  • クリニックで処方された鎮痛薬を飲む
  • 施術を受けた部位の乾燥を防ぎ、むやみに手で触れない

リップアートメイクの痛みと対策方法

リップアートメイクは粘膜に近い部分で皮脂が出ないため、痛みを感じやすいといわれています。

アートメイクを受ける前にできる痛みに対する対策方法は以下の3つです。

  • 保湿をして乾燥を防ぎ、口唇ヘルペスに注意する
  • 唇をなめたり、皮むけを無理にはがしたりしない
  • 施術3日前まではスクラブケアで唇を滑らかにする

アートメイクの前に唇の状態を良い状態に保っておくと、施術中の痛みの対策にもなります。

一方で施術は麻酔が効いてから行うため、施術中の痛みは軽減できます。

ただし、施術後は腫れ、赤み、痛みなどが出る可能性があります。

施術後の痛みに対する対策方法は以下の3つです。

  • ストローを使って飲み物を飲むことで唇に直接当たらないようにする
  • 熱いもの、辛いもの、生ものなどの刺激物を避ける
  • 保湿を十分に行い、皮むけを防ぐ

ちなみに筆者がリップを受けた時は、唇の山の部分は少し刺激を感じましたが、麻酔を追加してもらったのでつまようじで唇をちょんちょんと触られている程度しか刺激を感じませんでした。

アイラインアートメイクの痛みと対策方法

アイラインアートメイクは目元に行います。

目元は顔の中でも、皮膚が薄いパーツなので痛みを感じやすい部分です。

アイラインはまぶたのきわに針で色素を入れるため、必ずしっかり麻酔をしてから行います。

施術中の痛みへの対策方法は以下の通りです。

  • 表面麻酔と点眼麻酔の2種類に対応するクリニックを選ぶ
  • 痛みを感じたらすぐにアーティストに伝え、麻酔の量を調整してもらう

また、目元は敏感な部分で痛みや腫れが出やすい部位なので、施術後は余裕をもってスケジュールを組みましょう。

腫れの度合いには個人差がありますが、二重の幅が少し泣きはらしたように腫れる状態が当日と翌日に起こりやすくなります。

施術後の痛みに対する対策方法は以下の2つです。

  • 保冷剤で目元を冷やす
  • ドライアイ用の市販の目薬を使用し、腫れから起こる目元の違和感をやわらげる

ヘアラインアートメイクの痛みと対策方法

ヘアラインアートメイクは頭皮に色素を入れます。

頭皮は顔の皮膚よりも厚い部位なので、痛みを感じにくいです。

ただし場合によっては施術部位が広範囲に及ぶ可能性があるため、痛みを感じる場合があります。

頭皮は油分が多いパーツなので、アートメイク後に保湿剤などを塗る必要はありません。

施術後はヘアラインが水で濡れるのを避け、触らないようにしましょう。

アートメイクの施術中の痛みを避ける方法

眉毛アートメイクに対応したクリニックの選び方 (1)

アートメイクの施術中の痛みを避ける方法は以下の通りです。

  • 麻酔を受ける
  • アートメイクを受ける前日は飲酒や運動を控え、体調を万全にする
  • 鎮痛薬の服用を相談する

方法1.麻酔を活用する

アートメイクをする前は施術部位に表面麻酔を塗ります。

表面麻酔が効いてくると麻酔を塗った部分がしびれた感覚になり、施術中の痛みを感じにくくなりますが、施術が終わると約数時間で麻酔が切れます。

麻酔の効きやすさには個人差がありますが、表面麻酔の効果は約数分のため、施術中に塗りなおす必要があります。

よって施術中に少しでも痛みを感じたら麻酔を追加してもらいましょう。

方法2.アートメイクの前日は飲酒や運動を控え、体調を万全にする

アートメイクの前日は飲酒や運動を控え、体調を万全にしましょう。

なぜならアルコールが体内にあると麻酔が効きづらくなるからです。

また生理前後や寝不足などの体調不良も施術中に痛みを感じやすくしたり、施術部位の肌の状態の悪化につながったりするため注意が必要です。

方法3.鎮痛薬の服用を相談する

施術中の痛みはもちろん、麻酔が切れた後の痛みが気になる人は医師に相談し、鎮痛薬を処方してもらうとよいです。

鎮痛薬は薬局でも購入できますが、施術を受けるクリニックで適切な薬を処方してもらうのが安心です。

痛みを避けたいという人は1度クリニックに相談してみましょう。

アートメイクのダウンタイムとダウンタイム中に痛みを避ける方法

アートメイクにはダウンタイムが約1週間あり、赤み、痛み、腫れ、乾燥などの副作用が出る場合があります。

施術部位によって異なりますが、アートメイクのダウンタイムは色素を入れた部位がかさぶたになり、はがれた後に色素が定着することで完了します。

よって施術後から数日間は色が濃い状態が続きます。

ダウンタイム中は施術部位が色素を針で入れたことによる刺激で敏感な状態です。

ダウンタイム中に正しいアフターケアを行うことで、ダウンタイムで起こる痛みを抑えながら色素の定着をサポートします。

アートメイクのダウンタイム中に痛みを避ける方法は以下の通りです。

  • 乾燥を防ぐ
  • 施術部位に痛みや腫れ、ひりつきを感じたら、保冷剤で冷やす
  • 施術部位に触れたり、血流を促進したりする行為は避ける

ただしアートメイクは医療行為のため、施術後数日たっても、以下のような副作用が収まらない場合は無理をせずにすぐにクリニックに相談しましょう。

  • 腫れ
  • 施術部位の熱感
  • むくみ
  • 内出血
  • アレルギー、感染症
  • 傷跡が残る

方法1.乾燥を防ぐ

アートメイクのダウンタイム中は乾燥を防ぐようにしましょう。

なぜなら施術部位が乾燥してしまうと、色素が定着しづらくなったり、かゆみが起こったりするからです。

乾燥によって痛みが起きることはあまりありませんが、保湿をしていることで施術部位の炎症や感染症を防ぎます。

とくに施術を受けた部位は傷がかさぶたになるまでは刺激に対して敏感な状態のため、処方された保湿剤を塗って保湿をしっかり行うことが大切です。

方法2.施術部位を保冷剤で冷やす

施術部位に痛みや腫れ、赤みが生じたらタオルでくるんだ保冷剤を施術部位に当てましょう。

なぜなら冷やすことで炎症や痛みを和らげるからです。

ただし、患部を冷やすときは直接氷を当てるなどの刺激になる行為は避け、タオルにくるんだ保冷剤を使用しましょう。

方法3.施術部位に触れたり、血流を促進したりする行為は避ける

ダウンタイム中は施術部位の紫外線や保湿対策はもちろん、水で濡らしたり、こすったりするメイクや洗顔は控えましょう。

とくに施術部位をむやみに触ると雑菌が入ったり、炎症が起きたりする恐れがあります。

また新陳代謝や血流が促進されると色素が体外に排出されやすくなったり、痛みを感じやすくなる恐れがあります。

よって運動、入浴、飲酒などの行為は1週間は避ける必要があります。

痛みへの不安を解消してアートメイクを受ける流れ

アートメイク施術の流れ

アートメイクを受ける流れは以下の5STEPです。

  • STEP1.診察
  • STEP2.カウンセリング
  • STEP3.麻酔
  • STEP4.施術
  • STEP5.アフターケア

STEP1.診察

医師が肌状態を確認し、アートメイクが受けられるかを確認します。

医師の診察のさいにアートメイクへの不安や疑問を聞いておくと安心です。

STEP2.カウンセリング

アートメイクアーティストにヒアリングしてもらいながら、自分に合うデザインを見つけていきます。

仕上がりのイメージや希望のデザインや形などがある場合、写真を見せるとイメージを伝えやすいです。

STEP3.麻酔

施術部位に麻酔薬を塗ります。

一般的クリニックでは麻酔クリームが多く、施術部位にクリームを塗り、麻酔がなじむまで20分程度放置します。

麻酔の効きやすさには個人差がありますが、表面麻酔は数分間持続するので施術中に痛みを感じたら麻酔を足してもらいましょう。

STEP4.施術

アートメイクは1回でどの程度色素が体外に排出されずに残るのかが分からないため、1回目の施術では濃くなり過ぎないように薄めに着色します。

着色の定着率は個人差がありますが、1回目は約30%~50%で色素が定着します。

STEP5.アフターケア

施術後は施術部位に処方された保湿剤を塗ります。

なぜなら施術後は施術部位は敏感な状態だからです。

乾燥や紫外線などの刺激を避け、施術部位に触れたり、こすったりしないようにしましょう。

また、施術前後の痛みが気になる人はクリニックに相談し、鎮痛薬を処方してもらうとよいでしょう。

痛みへの不安やストレスを相談しやすいクリニックを選ぶポイント

ポイント

痛みへの不安やストレスを相談しやすいクリニックを選ぶポイントは以下の4つです。

  • ポイント1.医師が常駐しているか
  • ポイント2.施術者の研修制度が整っていて、技術力や経験が十分か
  • ポイント3.施術後の保証があるか
  • ポイント4.カウンセリングは相談しやすい環境か

ポイント1.医師が常駐しているか

アートメイクを受ける際は必ず医師が常駐しているクリニックを選びましょう。

なぜなら、アートメイクで行われる麻酔や針を使う治療は医療行為のため、エステサロンでは受けられないからです。

とくにアートメイクは高度な技術が必要な治療で、医師や看護師免許を持たない人が行うと、治療後に思わぬトラブルや後遺症が起こる恐れがあります。

また医師が常駐していない場合、看護師がアートメイクを行うことはできません。

アートメイク後の思わぬ腫れや痛み、傷跡が化膿したなどのトラブルを避けられるように医師が常駐したクリニックを選びましょう。

ポイント2.アーティストの研修制度が整っていて、技術力や経験が十分か

アートメイククリニックはアーティストの研修制度が整っていて、技術力や経験、得意分野が分かりやすいクリニックを選ぶとよいです。

なぜならアートメイクは医師や看護師の免許はもちろん、デザイン、色素、マシンの操作方法などの知識や経験が必要だからです。

アートメイクアーティストは美容師が免許取得後もマネキンでのカットやカラーの練習が必要なのと同じように日々の練習が大切です。

とくに医師免許だけでは希望に沿ったデザインを判断するのが難しく、人工皮膚などでの施術の練習が必要です。

よって、アーティストに対する独自の研修や試験制度があり、技術力に応じてアーティストがランク分けされているクリニックを選ぶと安心です。

またモニター価格を利用する場合、経験が浅いアーティストの可能性があるため、痛みが気になる人はあらかじめアーティストのランクや症例写真を確認してから選びましょう。

ポイント3.施術後のアフターケアや保証があるか

アートメイクは医療行為です。

よって万が一に備えて、アフターケアや保証が充実したクリニックを選びましょう。

アフターケアや保証についてはカウンセリングで事前に説明をしてもらえるクリニックで施術を受けるようにするとよいです。

また、万が一のトラブルを防ぐためにはカウンセリングで聞いた注意事項はしっかり守りましょう。

ポイント4.カウンセリングは相談しやすい環境か

「痛みが気になる」という人は無料カウンセリングを受けられるアートメイククリニックを選ぶとよいです。

実際、クリニックの多くは初回無料でカウンセリングを受けられます。

まずはカウンセリングを受けて、アートメイク中や術後に服用する痛み止めの処方が可能かなどを確認しましょう。

なかには来院せずにオンラインでカウンセリングを受けられる場合や、予約の際に「カウンセリングのみ」を希望できる場合もあり、目的に応じて選択が可能です。

痛みへの不安やストレスを相談しやすい!アートメイククリニック10選

それぞれのクリニックの痛みに対する気配りを整理し、痛みへの不安を解消してから施術を受けやすいアートメイククリニックをまとめました。

オンラインや無料カウンセリングのみを予約できるクリニックも紹介しているので、痛みについて直接クリニックに聞きたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

1.カスタマーサポートで施術後も安心!「メディカルブロー」

メディカルブロー

メディカルブローの特長

  • 独自技術の6Dストロークで、すっぴんにもなじむ眉に
  • 難しい認定試験をパスしたスキルのある施術者が多数在籍
  • カスタマーサポートセンターがあるなどアフターフォローが手厚い

    メディカルブローは症例数が豊富で、国内最大手のアートメイクブランドです。

    最短で美眉を手に入れるなら、最上位ランクの「グランドマスターコース」がおすすめ。

    眉毛アートメイクの価格は2回セットで15万円とお高めですが、長年の「眉のお悩み」におさらばできて、理想の眉に。

    また、理想の眉にしたいけど...。少し価格を抑えたい人は眉2回セットで11万円の「マスターコース」がおすすめ。

    マスターコースなら、新人の教育もできる一定の技術や知識を備えたアーティストが担当。

    最上位ランクよりも総額4万円ほど安く受けられるから、おサイフの負担は減らしつつ、仕上がりも妥協したくない人にぴったりです。

    メディカルブローの
    公式サイトを見る

    2.無料カウンセリングで痛みへの不安を相談しやすい「グロウクリニック」

    グロウアートメイクの特長

    • 素肌を引き立てる、繊細でふんわり自然な眉に
    • どんなデザインも同一価格だから、あなたに合った眉デザインを提案してくれる
    • シンプルな料金体系で、眉1回7.5万円で受けられる

      グロウアートメイクの最大の特徴は、「アーティストの『高い技術力』」。

       アーティストは全員、デビューまでに720時間以上の研修や技術試験を受けていて、1人ひとりが高い技術力を持っています。

      アーティストの技術研修に力を入れているグロウアートメイクだからこそ、どんな眉デザインを選んでも一律価格

      眉毛アートメイクは1回7.5万円から受けられて、オーダーメイド仕上げのあなただけの眉に。

      自分に似合う眉がわからない、プロにゼロからすべてお任せしたい人におすすめですよ。

      グロウアートメイクの
      公式サイトを見る

      3.麻酔代ナシで追加麻酔も安心「DAZZY CLINIC(デイジークリニック)」

      デイジークリニックの特長

      • 高いスキルを持つアーティストが在籍
      • 眉アートメイクのメニュー×デザイン×カラーが豊富
      • オンライン相談が可能

        DAZZY CLINIC(デイジークリニック)」は眉・リップ・アイライン・ほくろ・ヘアラインと施術メニューが豊富なうえに、デザインやカラーの選択肢も多いクリニックです。

        技法は3種類、カラーは複数色あり、その中から自分に合ったものを選べるので理想の眉毛に出会えるでしょう。

        オンラインでのカウンセリングも実施しているため、事前に自宅で不安を解消させることができます。

        デイジークリニックの
        公式サイトを見る

        4.無料カウンセリングのみの予約もできる「アートメイクギャラリー」

        アートメイクギャラリーの特長

        • 海外の技術をいち早く取り入れている
        • 講師レベルの技術を持つスタッフが多数在籍
        • すっぴんでもなじむ、自然で美しい眉毛を手に入れることが可能

          顧客満足度、99.4%※の「アートメイクギャラリー」では、リーズナブルな価格で最先端アートメイクの施術を受けられます。
          ※アートメイクギャラリー調査

          シグマデザインと呼ばれる6つのステップで高品質なデザインを実現しているため、思い通りの仕上がりを手に入れられるでしょう。

          眉アートは仕上がり状態を3種類の中から選べるため、納得いくクオリティの眉を手に入れることが可能です。

          アートメイクギャラリーの
          公式サイトを見る

          5. 痛みに弱い人も安心!局所麻酔が選べる「銀座よしえクリニック」

          銀座よしえクリニックの特長

          • 厚生労働省の指導通りに、訓練を受けた医療有資格者が施術を行う
          • 自眉と間違えるくらい自然な仕上がりが可能
          • 総合皮膚科ならではの丁寧な施術やアフターケアを行ってくれる

            銀座よしえクリニック」は、アートメイク年間1,200人以上※の利用者や雑誌掲載・年間症例数など圧倒的な実績がある医療機関として信頼の高いクリニックです。
            ※銀座よしえクリニック調べ

            最新3Dアートメイクで、リアル眉毛のように毛の一本一本まで再現できるのが特徴です。

            3回目以降の施術もお得に受けられるため、自分に似合う美眉を追求し仕上げられます。

            アートメイク以外に美容皮膚科としての治療も行っているため、美容医療に関する知見も豊富です。

            銀座よしえクリニックの
            公式サイトを見る

            6.オプションで笑気麻酔を選べる「湘南美容クリニック」

            湘南美容クリニックの特長

            • アートメイクを受けたとバレにくいナチュラルな美眉に
            • 眉モニターなら3.96万円(1回)、2回目以降※はさらにオトク
            • 無料でカウンセリングが受けられるから、相談しやすい

                ※6か月以内なら34,650円

                湘南美容クリニックではモニター価格なら、1回4万円以下で眉毛アートメイクが受けられます。

                最大の魅力は、どんなデザインも同一価格で受けられること。

                料金体系がシンプルだから、さまざまな技法を用いてあなたに似合う美しい眉に仕上げてもらえますよ。

                とくに、眉毛アートメイクは毛量や毛流れはもちろん、その人の顔のかたちや筋肉の付き方を見極めることが大切。

                美容整形も取り扱う湘南美容クリニックなら、美容のエキスパートとして豊富な知識をもとに、数年後もキレイな眉を叶えてくれます。

                初回も2回目もオトクに受けたい、価格は抑えつつ、プロ仕上げの美眉になりたいという人におすすめです。

                湘南美容クリニックの
                公式サイトを見る

                7.ナチュラルな色素原料を使用している「AISプレミアムアートメイク」

                AISプレミアムアートメイクの特長

                • 施術数が豊富なベテランアートメイクアーティストが在籍
                • 黄金比を導き出してくれるため理想的な眉毛が可能
                • オンラインで無料相談が可能

                  充実した施術プランと業界屈指の豊富なカラーから、自分の希望に合った理想の眉毛を追求できる「AISプレミアムアートメイク」は、黄金比からも似合うデザイン提案してくれるため初心者の方でも安心して施術を受けられます。

                  肌に優しいナチュラルな色素原料が使用されているため、敏感肌の方や炎症・アレルギーなどが気になる方でも安心して施術に臨めるでしょう。

                  オンラインでカウンセリングを行ってくれるため、近くにクリニックがなくても施術に対する疑問点や不安を気軽に質問できる点が大きなメリットと言えます。

                  ▼症例が気になる方は、画像をタップ!▼
                  (SKIN CLINIC 9ruのページに移動します)

                  SKIN CLINIC 9ruの症例

                  AISプレミアムアートメイクの
                  公式サイトを見る

                  8.リップアートメイクならブロック注射にも対応している「エルムクリニック」

                  エルムクリニックの特長

                  • 国内トップクラスの高度な技術を取得した技術者が在籍
                  • 周りに眉アートをしたと気づかれないほど自然な仕上がりが可能
                  • オンライン診療可能

                    エルムクリニック」では眉毛、リップ、アイラインなどの施術が可能で、眉アートのデザインは3種類から選べます。

                    世界最先端の高い技術を持った医療アートメイクのプロが施術を行なってくれるため、アートメイクを安心して任せたいと思う方におすすめです。

                    あらゆるSNS媒体でクリニックの情報を発信しているので事前にクリニックのことを把握するのに困りません。

                    デザインや症例実績も豊富に掲載されているため、施術のイメージをしやすいクリニックでしょう。

                    ▼症例が気になる方は、画像をタップ!▼

                    エルムクリニック症例

                    エルムクリニックの
                    公式サイトを見る

                    アートメイクの痛みに関するQ&A

                    アートメイクの痛みに関するQ&Aは以下の通りです。

                    Q1.アートメイクは麻酔なしで受けられるの?

                    医療機関で行われるアートメイクは基本的に麻酔をして行われます。

                    なぜなら、麻酔を使用することで施術中の痛みをやわらげるのはもちろん、患者が動いてしまうことで起こる危険を回避できるからです。

                    よって麻酔の種類によっては別料金がかかる場合もありますが、多くのクリニックでは施術する部位に対して麻酔クリームなどを塗布する「表面麻酔」を行ってから始めます。

                    無資格者がアートメイクを行うエステやサロンなどでは医療行為に該当する「麻酔」自体を使用できないため、非常に危険なので避けましょう。

                    Q2.麻酔が効きづらい体質だと、麻酔をしてもアートメイクは痛い?

                    アートメイクは麻酔をして行うため、痛みを抑えられます。

                    麻酔が効きづらい場合、痛みを我慢するのではなく、痛みを伝えることで麻酔の量や種類で調整します。

                    麻酔が効きづらいかもという人はあらかじめクリニックに相談しておくと安心です。

                    Q3.アートメイクが失敗していたら痛いってほんと?

                    アートメイクは施術後から数日が経過しても、痛みや腫れが悪化している場合は要注意です。

                    なぜなら感染症の危険性があるからです。

                    とくに施術部位が炎症していたり、化膿が起きていたりする場合はすぐにクリニックに相談しましょう。

                    医療機関は衛生的な場所でアートメイクが行われるため、感染症のリスクは抑えられますが、クリニック以外の場所で受けると危険です。

                    術後のアフターケアや注意事項に気を付けるのはもちろん、エステサロンなどは避けて、衛生面に配慮したクリニックを選びましょう。

                    まとめ

                    • アートメイクの痛みは麻酔をすることでやわらげられる
                    • アートメイク後に赤み、腫れ、痛みが出る場合があるが数日で収まる
                    • アートメイクの施術中に痛みを感じたら、我慢せずにすぐにアーティストに伝える

                    調査概要

                    調査概要

                    • 調査実施会社:トレンダーズ株式会社
                    • 調査実施期間:2023年6月12日~2023年6月13日
                    • 調査対象:20~49歳の女性1210人(うちアートメイク経験者126人)
                    • 有効回答数:1210(うちアートメイク経験者:126)
                    • 調査方法:インターネット調査(Surveroidを利用)

                    本記事に関する特記事項

                    ・本記事の内容は、記事の公開日または更新日時点での情報です。 紹介しているクリニック情報・サービスなどの内容が変更されている場合がございますので、最新の情報は公式サイトを参照ください。
                    ・本記事に記載されている費用などの「金額」は一部プランの例です。コースや時期によって、本記事での表記とサービス内での表記が異なる場合があります。
                    ・本記事で紹介しているアートメイククリニックの選定について、監修者の方は一切関わっていません。

                    SHARE

                    • Xでシェア
                    • Facebookでシェア
                    • LINEでシェア