部位

こだわり

エリア選択

指定なし

アートメイクはアフターケアが大切!長持ちさせるためのポイントと注意点

2024.03.28
※当サイトの記事には、事業者の商品・サービスの広告を含んでおります。
Art+は、複数のクリニックと提携し情報を提供しており、当サイトを経由してクリニックへのお問い合わせがあった場合には、各クリニックから報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。

\先着で必ずもらえる!

アートメイクの施術後はアフターケアが必要なの?
アートメイクのアフターケアは何をすれば良いの?
アートメイクのアフターケアでは何に気を付ければ良いの?

当サイトの調査によると、今や10人に1人が経験のあるアートメイク。

アートメイクは数日から1週間ほどのダウンタイムが起きる美容施術です。

ダウンタイム中は適切なアフターケアが必要で、ケアを怠ると失敗につながります。

この記事では、アートメイクのアフターケアについて、効果的なやり方や注意点を紹介しています。

アートメイクで失敗しないためにも、アフターケアのポイントを把握しておきましょう。

アートメイクにアフターケアが必要な理由

アートメイクにアフターケアが必要な理由を紹介します。

アフターケアがなぜ大切なのか以下で確認してみましょう。

理由1.色素を肌に定着させる

アフターケアを怠ると、施術の際に注入した色素(インク)が定着しづらいです。

アートメイクでは専用の細い針を皮膚に刺して、そこから色素を注入します。

施術後は傷口がふさがりきっていない状態なので、アフターケアしなければ色素が流れてしまいます。

本来、アートメイクは1年〜2年もちますが(期間は個人差あり)、アフターケアを怠ると薄くなりやすくなるので気を付けましょう。

理由2.傷の回復を促す

クリニックから処方される軟膏や保湿剤でアフターケアすると、施術した場所の傷の回復効果を促進してくれます。

施術箇所に軟膏や保湿剤を塗ることで施術箇所が保湿されるため、なにもケアしないより肌トラブルが少なく済むでしょう。

なお軟膏や保湿剤をたくさん塗っても、ほこりがつきやすくなったりと逆効果となる可能性もありますので、乾燥しない程度に塗るといいですよ。

1日2回〜3回の頻度で塗るようにしましょう。

理由3.患部の乾燥やかゆみを防げる

アフターケアをしっかり行えば、施術した場所が乾燥や乾燥からくるかゆみをおさえられます。

アートメイクの施術が終わると、数日後にかさぶたができて患部がかゆくなることがあります。

患部をひっかいてしまうとかさぶたが剥がれてしまい、傷の治りも遅くなるため注意が必要です。

患部がかゆくなるのは乾燥していることがひとつの原因なので、クリニックから処方される軟膏で保湿しましょう。

理由4.施術部位から感染症にかかるのを防ぐ

アフターケアは感染症対策にもなります。

施術後は患部の傷口が開いたデリケートな状態です。

細菌が体内に侵入すると、そこから感染症にかかるリスクがあります。

患部に細菌をいれないためにも、アフターケアで保護することが大切です。

しっかりと保護しておけば、アートメイクの施術後に感染症になる可能性を減らせます。

アートメイク後にアフターケアするポイント

アートメイクを施術してからどのようにアフターケアするのか紹介します。

アフターケアの際は基本的に以下のポイントをおさえましょう。

ポイント1.患部が汚れている場合は丁寧にふき取る

まず、患部が汚れている場合はふき取る必要があります。

アートメイクの施術後は生理反応によって「浸出液」という透明や黄色っぽい液体が出てきます。

浸出液の上から軟膏を塗っても効果が落ちるため、塗る前にティッシュや清潔なガーゼなどでふき取っておきましょう。

患部を清潔にする際は、傷口をゴシゴシせずにやさしい力でおさえ拭きするのがおすすめです。

ポイント2.クリニックから処方された軟膏を薄めに塗る

患部がきれいになったら、クリニックから処方された軟膏や保湿剤を塗りましょう。

軟膏や保湿剤は薄く塗るのがポイントです。

厚塗りするとべたついたり、不自然に目立ったり、ほこりがつきやすくなったりします。

また、軟膏や保湿剤を塗る際は力を入れすぎないことが大切ですよ。

ポイント3.患部が乾燥してきたら追加で塗る

患部が乾燥したり、かゆくなったりした場合は、軟膏や保湿剤を塗り直しましょう。

軟膏や保湿剤は時間の経過につれて薄くなるので、定期的に塗る必要があります。

1日に塗る目安は2回〜3回です。

塗るタイミングは起床後や入浴後などのスキンケアを目安として、それ以外で乾燥してきたと感じたら都度塗ると良いでしょう。

ポイント4.ダウンタイム中は保湿を続ける

患部への軟膏や保湿剤を1週間ほど続けていると、かさぶたが自然に剥がれます

剥がれるまでの期間は個人差ありますし、中にはかさぶたができなかったという人もいますので、「ダウンタイム中は保湿を続ける」を目安にしておきましょう。

かさぶたが剥がれたあとは1か月ほどをかけて、アートメイクの色味が徐々になじんできます。

今後2回目の施術を受ける予定がある場合は、アートメイクや肌の状態が落ち着いてからにしましょう。

【部位別】アートメイク施術後のアフターケアにおける症状や注意点

施術した場所別にアフターケアの症状や注意点を紹介します。

アートメイクは医療行為です

アートメイクで人気がある場所別に紹介するのでチェックしておきましょう。

1.眉毛アートメイクのアフターケア

アートメイク当日の過ごし方アートメイク翌日~1週間の過ごし方

眉毛アートメイクを受けたあとは、腫れや赤み、ひりつきなどの症状が出ることもあります。

腫れや赤みなどが気になる場合は、保冷剤で冷やすと症状が軽減されます。

保冷剤をあてる際は水気をかけないためにも、清潔なタオルやガーゼを巻くことが大切です。

2.リップアートメイクのアフターケア

リップアートメイク後に避けたほうが良い食べ物と飲み物

リップアートメイク後は腫れや赤みに加えて、唇の皮が剥けることもあります。

そのうえ、唇の周りに痛みを伴う水ぶくれができる「口唇ヘルペス」ができることもあります。

また、ダウンタイム中は刺激や炎症をおさえるためにも以下の食べ物や飲み物は控えてください。

  • 辛い食べ物
  • 刺身や生野菜などの生もの
  • 熱いもの
  • 刺激があるもの
  • 色移りしやすいもの

形が大きい食べ物に関しては、一口サイズにしてから口に入れるのが理想です。

ダウンタイムは1週間ほどで終わるため、その間はアフターケアを欠かさないようにしましょう。

3.アイラインアートメイクのアフターケア

アイラインアートメイクを受けたあとは、目が腫れたようになることもあります。

特に施術直後は目が腫れぼったく見えることもありますが、基本的には数日で治まります。体の水分が顔に集まらないように頭を心臓よりも高くすることが大切です。

就寝時は仰向けで、枕を高くしておくと頭を心臓より高い位置に持っていきやすくなりますよ。

アイラインの場合はダウンタイムが2週間前後と、ほかの場所より長めなので注意しましょう。

4.ヘアラインアートメイクのアフターケア

ヘアラインアートメイクのダウンタイム

ヘアラインアートメイク後は、施術部位に赤みやかゆみなどが出る可能性があります。

洗髪に関しては施術後3日ほどでできますが、患部を避けるようにして洗うことが大切です。

また、頭を洗う際は力を入れてゴシゴシするのは控えましょう。

ダウンタイムは約1週間〜2週間ほどです。

アートメイクのアフターケアで気を付けるべきこと

アートメイク後の注意事項

アートメイクのアフターケアについて注意しておきたいことを10個紹介します。

眉毛やリップなどに共通する注意点なので、すべて確認しておきましょう。

注意点1.施術箇所を余計に触らない・濡らさない

施術した場所は触ったり濡らしたりしないことが大切です。

患部に刺激を加えることで、傷の治りが遅くなる可能性があります。

軟膏や保湿剤を塗るとき以外で触るのは避けてください。

なお、入浴や洗顔などで顔が濡れる際は、事前に軟膏や保湿剤を塗っておきましょう。

軟膏や保湿剤には水気を弾く効果もあるため、患部が濡れるリスクを減らせます。

注意点2.施術当日は洗顔しない

原則として、施術当日は洗顔したり入浴したりするのもNGです。

施術当日は特に患部を濡らしてはいけないタイミングなので、万が一のことを考えて洗顔やシャワーは避けましょう。

どうしても顔の汚れが気になる場合は、ふき取り化粧水やクレンジングシートを使い施術部位以外をふき取るようにしてください。

注意点3.ダウンタイム終了まで患部のスキンケアやメイクをしない

アートメイクのダウンタイムが終わるまで、施術部位にスキンケア用品を塗ったり、メイクをするのは控えましょう。

患部を濡らすと感染症になったり、色素が流出したりします。

なお、ダウンタイム中は以下のようなスキンケア用品を患部に塗るのもNGです。

  • 化粧水
  • 乳液
  • 日焼け止め

化粧水や日焼け止めなども水分なので、患部に塗るのは避けましょう。

注意点4.入浴や飲酒などの代謝を上げる行動は控える

アートメイクのアフターケアとして、代謝を上げる行動も禁止です。

代謝を上げてしまうと、肌のターンオーバーが促され、色素が定着しづらくなります。

結果的にアートメイクが長持ちしなくなるので、入浴や飲酒、運動などの代謝を上げる行動は我慢しましょう。

注意点5.日焼けを防止する

アートメイクのダウンタイム中は、普段以上に日焼け対策しましょう。

患部が日焼けすると色素が変色したり、汗をかいて色素が取れやすくなったりする可能性があります。

ただし、先ほどお伝えしたように患部に直接日焼け止めを塗るのはNGです。

帽子や日傘など、患部を直接刺激しないもので日焼け対策をしましょう。

注意点6.かさぶたを無理やり剥がさない

アートメイクを受けて数日たつと患部にかさぶたができます。

かさぶたができると気になってつい触りたくなりますが、自然に剥がれるまで触ってはいけません。

かさぶたを触ったりひっかいたりして剥がれると、インクの流出につながるため我慢してください。

注意点7.アフターケアに使う軟膏は市販のものを使わない

アフターケアでは軟膏や保湿剤を患部に塗りますが、必ずクリニックから処方されるものを使ってください。

軟膏や保湿剤は市販でも販売していますが、アートメイクのアフターケアに効果的とは限りません。

「いつものクリームを使おう」と思っても、レチノールなどターンオーバーを促進する成分が入っていると定着に支障が出ることも。

市販で販売されるものとは配合成分が異なるので、アフターケアの際はクリニックから処方される薬を使いましょう。

注意点8.刺激が強い化粧品は1か月使わない

以下のような刺激が強い化粧品は、肌の状態が治まるまで使わないようにしましょう。

  • スクラブ洗顔
  • 薬用の物
  • 石油系界面活性剤が含まれる化粧品
  • ピーリングクリーム

アートメイクは1週間前後のダウンタイムが終わっても、肌が完治するわけではありません。

肌がデリケートな状態は1か月以上続くこともあるため、その期間は刺激の強い化粧品は使わないようにすることが大切です。

注意点9.アートメイクの前後にほかの美容施術を受けない

アートメイクの施術を受ける前後は、以下のような美容施術を受けるのも我慢しましょう。

  • 肌のピーリング
  • 脱毛
  • 整形
  • ボトックス注射

とくにアートメイクの施術後は肌がデリケートな状態です。

肌が回復していない状態でほかの美容施術を受けると、肌へのダメージがより大きくなります。

もし美容施術を受ける予定がある場合は、アートメイクのダメージが完治する1か月~3か月後にしましょう。

注意点10.異常が起きた場合はクリニックに診てもらう

正しくアフターケアしていても、人によっては異常が起きることもあります。

明らかな異常が出た場合は、施術してもらったクリニックに診てもらいましょう。

自分で対処すると間違った方法でケアしてしまい、失敗につながるので控えてください。

なお、アフターケアの充実度はクリニックによって異なります。

アフターケアがないクリニックを選ぶと、異常が起きても診てもらえないことがあるので気を付けましょう。

アフターケアが充実したアートメイククリニック

ここまでアフターケアの重要性などをお伝えしてきましたが、ここからはアフターケアが充実しているクリニックをご紹介します。

カスタマーサポートセンターあり!メディカルブロー

メディカルブロー

メディカルブローの特長

  • 独自技術の6Dストロークで、すっぴんにもなじむ眉に
  • 難しい認定試験をパスしたスキルのある施術者が多数在籍
  • カスタマーサポートセンターがあるなどアフターフォローが手厚い

    メディカルブローは症例数が豊富で、国内最大手のアートメイクブランドです。

    最短で美眉を手に入れるなら、最上位ランクの「グランドマスターコース」がおすすめ。

    眉毛アートメイクの価格は2回セットで15万円とお高めですが、長年の「眉のお悩み」におさらばできて、理想の眉に。

    また、理想の眉にしたいけど...。少し価格を抑えたい人は眉2回セットで11万円の「マスターコース」がおすすめ。

    マスターコースなら、新人の教育もできる一定の技術や知識を備えたアーティストが担当。

    最上位ランクよりも総額4万円ほど安く受けられるから、おサイフの負担は減らしつつ、仕上がりも妥協したくない人にぴったりです。

    メディカルブローの
    公式サイトを見る

    コールセンターありのグロウクリニック

    グロウクリニックの特長

    • 素肌を引き立てる、繊細でふんわり自然な眉に
    • どんなデザインも同一価格だから、あなたに合った眉デザインを提案してくれる
    • シンプルな料金体系で、眉1回7.5万円で受けられる

      グロウアートメイクの最大の特徴は、「アーティストの『高い技術力』」。

       アーティストは全員、デビューまでに720時間以上の研修や技術試験を受けていて、1人ひとりが高い技術力を持っています。

      アーティストの技術研修に力を入れているグロウクリニックだからこそ、どんな眉デザインを選んでも一律価格

      眉毛アートメイクは1回7.5万円から受けられて、オーダーメイド仕上げのあなただけの眉に。

      自分に似合う眉がわからない、プロにゼロからすべてお任せしたい人におすすめですよ。

      グロウアートメイクの
      公式サイトを見る

      フリーダイヤルで相談可能!AISプレミアムアートメイク

      AISプレミアムアートメイクの特長

      • 施術数が豊富なベテランアートメイクアーティストが在籍
      • 黄金比を導き出してくれるため理想的な眉毛が可能
      • オンラインで無料相談が可能

        充実した施術プランと業界屈指の豊富なカラーから、自分の希望に合った理想の眉毛を追求できる「AISプレミアムアートメイク」は、黄金比からも似合うデザイン提案してくれるため初心者の方でも安心して施術を受けられます。

        肌に優しいナチュラルな色素原料が使用されているため、敏感肌の方や炎症・アレルギーなどが気になる方でも安心して施術に臨めるでしょう。

        オンラインでカウンセリングを行ってくれるため、近くにクリニックがなくても施術に対する疑問点や不安を気軽に質問できる点が大きなメリットと言えます。

        ▼症例が気になる方は、画像をタップ!▼
        (SKIN CLINIC 9ruのページに移動します)

        SKIN CLINIC 9ruの症例

        AISプレミアムアートメイクの
        公式サイトを見る

        実績もクリニック数も豊富!湘南美容クリニック

        湘南美容クリニックの特長

        • アートメイクを受けたとバレにくいナチュラルな美眉に
        • 眉モニターなら3.96万円(1回)、2回目以降※はさらにオトク
        • 無料でカウンセリングが受けられるから、相談しやすい

            ※6か月以内なら34,650円

            湘南美容クリニックではモニター価格なら、1回4万円以下で眉毛アートメイクが受けられます。

            最大の魅力は、どんなデザインも同一価格で受けられること。

            料金体系がシンプルだから、さまざまな技法を用いてあなたに似合う美しい眉に仕上げてもらえますよ。

            とくに、眉毛アートメイクは毛量や毛流れはもちろん、その人の顔のかたちや筋肉の付き方を見極めることが大切。

            美容整形も取り扱う湘南美容クリニックなら、美容のエキスパートとして豊富な知識をもとに、数年後もキレイな眉を叶えてくれます。

            初回も2回目もオトクに受けたい、価格は抑えつつ、プロ仕上げの美眉になりたいという人におすすめです。

            湘南美容クリニックの
            公式サイトを見る

            皮膚科としての知見も豊富なエルムクリニック

            エルムクリニックの特長

            • 国内トップクラスの高度な技術を取得した技術者が在籍
            • 周りに眉アートをしたと気づかれないほど自然な仕上がりが可能
            • オンライン診療可能

              エルムクリニック」では眉毛、リップ、アイラインなどの施術が可能で、眉アートのデザインは3種類から選べます。

              世界最先端の高い技術を持った医療アートメイクのプロが施術を行なってくれるため、アートメイクを安心して任せたいと思う方におすすめです。

              あらゆるSNS媒体でクリニックの情報を発信しているので事前にクリニックのことを把握するのに困りません。

              デザインや症例実績も豊富に掲載されているため、施術のイメージをしやすいクリニックでしょう。

              ▼症例が気になる方は、画像をタップ!▼

              エルムクリニック症例

              エルムクリニックの
              公式サイトを見る

              美容皮膚科で知識が豊富!DAZZY CLINIC

              デイジークリニックの特長

              • 高いスキルを持つアーティストが在籍
              • 眉アートメイクのメニュー×デザイン×カラーが豊富
              • オンライン相談が可能

                DAZZY CLINIC(デイジークリニック)」は眉・リップ・アイライン・ほくろ・ヘアラインと施術メニューが豊富なうえに、デザインやカラーの選択肢も多いクリニックです。

                技法は3種類、カラーは複数色あり、その中から自分に合ったものを選べるので理想の眉毛に出会えるでしょう。

                オンラインでのカウンセリングも実施しているため、事前に自宅で不安を解消させることができます。

                デイジークリニックの
                公式サイトを見る

                顧客満足度の高いアートメイクギャラリー

                アートメイクギャラリー

                アートメイクギャラリーの特長

                • 海外の技術をいち早く取り入れている
                • 講師レベルの技術を持つスタッフが多数在籍
                • すっぴんでもなじむ、自然で美しい眉毛を手に入れることが可能

                  顧客満足度、99.4%※の「アートメイクギャラリー」では、リーズナブルな価格で最先端アートメイクの施術を受けられます。
                  ※アートメイクギャラリー調査

                  シグマデザインと呼ばれる6つのステップで高品質なデザインを実現しているため、思い通りの仕上がりを手に入れられるでしょう。

                  眉アートは仕上がり状態を3種類の中から選べるため、納得いくクオリティの眉を手に入れることが可能です。

                  施術や症例、予約・混雑状況はInstagramから簡単に確認ができます。

                  アートメイクギャラリーの
                  公式サイトを見る

                  大学病院との提携もありの銀座よしえクリニック

                  銀座よしえクリニックの特長

                  • 厚生労働省の指導通りに、訓練を受けた医療有資格者が施術を行う
                  • 自眉と間違えるくらい自然な仕上がりが可能
                  • 総合皮膚科ならではの丁寧な施術やアフターケアを行ってくれる

                    銀座よしえクリニック」は、アートメイク年間1,200人以上※の利用者や雑誌掲載・年間症例数など圧倒的な実績がある医療機関として信頼の高いクリニックです。
                    ※銀座よしえクリニック調べ

                    最新3Dアートメイクで、リアル眉毛のように毛の一本一本まで再現できるのが特徴です。

                    3回目以降の施術もお得に受けられるため、自分に似合う美眉を追求し仕上げられます。

                    アートメイク以外に美容皮膚科としての治療も行っているため、美容医療に関する知見も豊富です。

                    銀座よしえクリニックの
                    公式サイトを見る

                    アフターケアの丁寧な説明ありのレディアス美容クリニック

                    レディアス美容クリニックの特長

                    • 皮膚科の専門医が施術対応
                    • すっぴんでも自信の映え眉が実現
                    • 24時間ネット予約が可能

                      JR恵比寿駅・日比谷線恵比寿駅から徒歩3分の「レディアス美容クリニック」は眉とリップの施術が受けられます。

                      最新技術を採用し、なりたいイメージに寄り添ったナチュラルで違和感のないデザインを提供しています。

                      実績ある皮膚科専門の医師が在籍しているため、アートメイク初心者でも安心して通え、施術後も適切な処置を受けることが可能です。

                      初めての方は1回目の施術をお得な料金で受けられます。

                      レディアス美容クリニックの
                      公式サイトを見る

                      アートメイクのアフターケアに関するQ&A

                      Q&A_3

                      ここではアートメイクのアフターケアに関するQ&Aを紹介します。

                      Q.アートメイクのアフターケアを怠るとどうなる?

                      アートメイクのアフターケアが上手にできていないと、以下のようになります。

                      • アートメイクの効果が長持ちしない
                      • 腫れや痛みがなかなか引かない
                      • 患部のかゆみやひりつきが強くなる
                      • 感染症にかかる

                      アフターケアに失敗すると、アートメイクに影響するだけでなく、肌トラブルにつながる恐れがあります。
                      アートメイクを成功させるためにも、アフターケアは徹底しましょう。

                      Q.アートメイク後はコンタクトレンズを付けても良い?

                      アイラインや眉毛以外の場所をアートメイクした場合は、コンタクトを付けても問題ありません。

                      アイラインや眉毛は目から近い場所にあるため、付け外しが刺激とならないようダウンタイム中は付けないようにしましょう。

                      なお、アイラインや眉毛を施術する際は、クリニックからコンタクトを外すように指示をされます。

                      目が悪い人は施術当日にメガネを持参すると、帰り道が安心ですよ。

                      Q.アートメイク後はシャンプーで頭を洗っても良い?

                      アートメイク後にシャンプーしても良いですが、患部を濡らさないようにしてください。

                      患部を濡らさない方法は、たとえば以下のものがあります。

                      • ワセリンを塗った上にラップをかぶせる
                      • 眉毛やアイラインを施術した場合はシュノーケリング用メガネを装着する

                      上記の方法は洗顔する際にも使えるので覚えておきましょう。

                      なお、ヘアラインアートメイクを受けた場合は、施術から3日はシャワーもシャンプーもNGです。

                      Q.アートメイク後に洗顔してしまった場合はどうすれば良い?

                      アートメイク後に洗顔してしまった場合は、以下の方法ですぐに乾かしましょう。

                      1. ティッシュでやさしく水気を取る
                      2. ドライヤーで乾かす
                      3. ワセリンを塗る

                      水で濡らしても、タオルでゴシゴシとふき取るのはNGです。

                      なるべく刺激を与えない方法で水気を取りましょう。

                      Q.アートメイクは正しくアフターケアすればどれくらいもつもの?

                      アートメイクは正しくアフターケアすると、個人差はありますが1年〜2年はもちます。

                      ただし、アフターケアを徹底すれば絶対に長持ちするわけではありません。

                      たとえば、もともとの肌質が脂性肌の人だと、丁寧にアフターケアしても早く消えることがあります。

                      アートメイクを長持ちさせるにはアフターケアを徹底するだけでなく、技術力のあるスタッフに施術してもらうことが大切です。

                      ちなみに、時間の経過でアートメイクが薄くなってきた場合は、クリニックに行けばリタッチしてもらえます。

                      まとめ

                      • アートメイクのアフターケアは色落ちや肌トラブルを防ぐ効果がある
                      • アフターケアの際はクリニックから処方される軟膏やワセリンを塗る必要がある
                      • アートメイクで色落ちを防ぐにはダウンタイム中のNG行動も把握しておく

                      調査概要

                      調査概要

                      • 調査実施会社:トレンダーズ株式会社
                      • 調査実施期間:2023年6月12日~2023年6月13日
                      • 調査対象:20~49歳の女性1210人(うちアートメイク経験者126人)
                      • 有効回答数:1210(うちアートメイク経験者:126)
                      • 調査方法:インターネット調査(Surveroidを利用)

                      本記事に関する特記事項

                      ・本記事の内容は、記事の公開日または更新日時点での情報です。 紹介しているクリニック情報・サービスなどの内容が変更されている場合がございますので、最新の情報は公式サイトを参照ください。
                      ・本記事に記載されている費用などの「金額」は一部プランの例です。コースや時期によって、本記事での表記とサービス内での表記が異なる場合があります。
                      ・本記事で紹介しているアートメイククリニックの選定について、監修者の方は一切関わっていません。

                      SHARE

                      • Xでシェア
                      • Facebookでシェア
                      • LINEでシェア